グーグル検索の解釈性能が向上したとの発表

グーグルの公式ブログである「Inside Search」にて、検索エンジンの解釈性能が向上したと発表しました。改良された内容としては、検索クエリ(検索ワードやフレーズ)に対して、特に「最上級(高さ、大きさ、長さ)」と「時間や旬(年代、季節、現在)」の解釈性能が上がったようです。

例えば、”エンゼルスがワールドシリーズで優勝した時の米国大統領は誰?”とグーグル検索した時、以下の写真のような流れで、その質問を認識し、ナレッジグラフなどのデータベースを参照しながら、その質問の意図を解釈して答えを導きます。

グーグル検索の解釈性能が向上

しかも、”OK! Google”でお馴染みの音声認識機能での検索でも可能です。そして音声で答えてくれます。まるでクイズのような質問ですが、それでも正しい答えを出したのは驚きです。

役立ったら「シェア」お願いします!「TOP」ニュースに戻る
RSS
EMAIL
FACEBOOK
GOOGLE
http://www.dmarketing.jp/news/2015%E5%B9%B411%E6%9C%8817%E6%97%A5%E3%81%AE10%E7%A7%92%E3%83%8D%E3%82%BF/
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

▼▼▼▼ 「関連のある記事」 ▼▼▼▼