この夏、皆様は海へ行かれましたか?

竜涎香

海水浴、シュノーケリング、ダイビングなど、きっと楽しまれた方も多いと思いますが、ビーチコーミングという言葉をご存知でしょうか?
ビーチコーミングとは、海岸の砂浜に打ち上げられた漂着物を収集し、標本にしたり細工を施したりして楽しむことなんですが、実は漂流物の中には宝物があったりします。

 

例えば、新潟県のヒスイ海岸は有名だとは思いますが、ここで取れる翡翠(ヒスイ)は、中国で高額取引されている石の一つになります。

 

それでは「竜涎香(りゅうぜんこう)」というのをご存知でしょうか?

竜涎香は、海又は海岸沿いでしか拾えないもので、もし購入しようとすると、たった5gで130ドルもする漂流物なんです。(日本円にして約15000円ぐらい)

じゃあ竜涎香とは一体何なのか?

実はこれ、マッコウクジラの腸内で生成される結石なんです。

古来から香水や薬用として高値で取引され、シャネルなどの高級香水には無くてはならない材料とのこと。

 

過去には、英国の少年(8)が海岸で見つけた竜涎香は、最高500万円の価値だとか。

オーストラリアでは15kgの竜涎香を拾った人がいて、なんと3,000万円以上で売れたとされています。

 

まさに一攫千金!

日本では沖縄の海岸などで発見する可能性があるそうなので、海岸に行かれた時にはビーチコーミングで一攫千金を狙ってみてはいかがでしょうか?

役立ったら「シェア」お願いします!「TOP」ニュースに戻る
RSS
EMAIL
FACEBOOK
GOOGLE
http://www.dmarketing.jp/news/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A7%E4%B8%80%E6%94%AB%E5%8D%83%E9%87%91%EF%BC%9F/
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

▼▼▼▼ 「関連のある記事」 ▼▼▼▼