Googleは、検索結果に表示される

ローカルビジネスのデザインと仕様を大きく変更しました。

google ローカルビジネス検索結果の表示件数が減少

1: 検索結果の表示件数が7件から3件に変更

Googleのローカルビジネスとは?というための方に簡潔に説明しますと、Googleのサーチエンジンにて、渋谷の「カフェ」を探すとこれまでは、7件の検索結果を表示していましたが、変更後は3件のみの検索結果が表示されることになりました。
つまりは、上位3件のカフェのインプレッション(表示回数)が圧倒的にが上がり、その他は大きく減るという事になります。簡単に言うと、検索エンジン結果の1ページ目には3件のみ表示され、残りは2ページ以降になるという事です。

2: 住所の簡略化

丁目と番地が出ますが、ビジネスによっては市町村のみも確認されています。

3: 電話番号の削除

これまで電話番号が表示されていましたが、該当の結果をクリックしないと見れなくなりました。

4: Google+リンクの削除

Google+ページ(Googleマイビジネス)へのリンクが消されました。せっかくGoogle+ページに載せた店舗情報も、この変更により露出することはなくなりました。
恐らくこれは、多くのビジネスオーナーが、自動生成されていたGoogle+ページの「オーナー確認」しなかったことによる現象だと思います。(オーナー確認とは、自動生成された自分の店舗や会社情報が掲載された「Google+ページ」にて、自分がオーナーであり、掲載されている情報の変更する権利の得るための認証作業)

5: 営業時間の掲載

これで簡単に営業時間を確認できるので、ユーザビリティが向上しました。
その他にもマイナーチェンジはありますが、ほぼ影響はないのでここまでにしておきますが、ローカルビジネスの検索結果の表示件数が、7件から3件になったことで、海外SEOだけでは無く、日本のSEOにも影響が出ることは間違ありません。

つまりは、来客が前提のビジネスは、これまで以上に、ローカルSEOに力を入れなければなりません。

役立ったら「シェア」お願いします!「TOP」ニュースに戻る
RSS
EMAIL
FACEBOOK
GOOGLE
http://www.dmarketing.jp/news/google%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%92%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%80%82%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E4%BB%B6%E6%95%B0%E3%81%8C%E5%A4%A7%E5%B9%85%E6%B8%9B%E5%B0%91%EF%BC%81/
D編集者 | 2015年08月12日 | SEO
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

▼▼▼▼ 「関連のある記事」 ▼▼▼▼