Facebookのアプリを削除するだけで、最大20%のバッテリー浪費をカット出来ることが分かりました。

イギリスのニュースメディアである「the guardian (www.theguardian.com)」が行ったFacebookのアプリとバッテリーのテストで、Android端末では最大20%、iOS端末(iPhone 6S Plus)では最大15%のバッテリー浪費をしていることが判明しました。

[引用元 -the guardian]
Facebookアプリを削除するとバッテリーを最大20%カットの画像

実験を行ったthe guardianの記者は、Android端末であるNexus 6PからFacebookアプリを削除し、代わりにサードパーティーのアプリ「Metal for Facebook & Twitter」をインストールして、バッテリーの消費量を1週間計測したところ、バッテリーの寿命が20%アップしたことを明らかにしました。このテストでは、代用したアプリによるFacebookからの通知、タイムラインの閲覧を、通常のように毎日行い、バッテリー残量の計測を行いました(Messengerアプリは削除せず)。これにより、Facebookのアプリが不必要にバックグラウンドでバッテリーを消費していたことが分かりました。

これと同様のテストをiOS端末であるiPhone 6S Plusで検証したところ、最大15%ものバッテリー残量が確認されました。(代用のアプリを使用せず、ブラウザーから直接Facebookを使用した場合)

現時点では、Facebookから修正アップデートは発表されていませんが、早い段階でこの問題を改善したアプリのアップデートが公開されると思います。しかし、もしスマホのバッテリー残量が気になるようでしたら、代用アプリのインストールを使用するのも良いかもしれません。

役立ったら「シェア」お願いします!「TOP」ニュースに戻る
RSS
EMAIL
FACEBOOK
GOOGLE
http://www.dmarketing.jp/news/facebook-app-removal-saves-20-percent-battery-life/
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする