グーグル検索結果ページのレイアウト(タブレット専用)を変更

グーグルからの公式発表はありませんが、タブレットユーザー用の検索結果ページのレイアウトが、カード形式の様なデザインになりました。下の写真は、”海外 デジタルマーケティング” と検索した時のキャプチャーになります。

グーグル検索結果レイアウトをタブレット用に新しく変更 通常

次は、位置情報をONにした状態(東高円寺)で、「美容室」と検索した時のキャプチャーです。

グーグル検索結果レイアウトをタブレット用に新しく変更 ローカルビジネス

タブレットをよく使用する私の感想としては、若干見えにくかったので、現在は、右上のメニューから変更して、「PC版サイト」で見ています。


Facebookが新機能を「Local Awareness Ads」に追加

[引用元 -facebook for business]フェイスブックのLocal Awareness Adsに新機能追加

Facebookが、ローカルビジネスに最適な広告である「Local Awareness Ads」に、ストア位置情報とフェイスブックのビジネスページを管理できる機能を追加しました。例えば、都内に複数のコーヒーショップがあり、各フェイスブックページを運営しているとします。そこで「Local Awareness Ads」を利用する時、「広告のコピー」機能を選ぶと、自動的にユーザーの位置情報に基づき、近いローケーションのコーヒーショップの広告を表示させる事が出来ます。

例えば、高円寺近くにいるユーザーには、「高円寺で飲める美味しいドリップコーヒー屋」、新宿付近にいるユーザーに対して「新宿で飲める美味しいドリップコーヒー屋」。また、広告と一緒に掲載されるCTAボタン(call-to-action)も、ユーザーの位置情報に基づき、一番近いロケーションのコーヒーショップへのアクセス、又はクリック電話も可能になります。

ただ、フェイスブックの「Local Awareness Ads」は、去年の10月に米国限定でリリースされてから、未だ日本では使用できません。恐らく好調ではないのだろうと思いますが、もし使用が日本でも可能になりましたら、ご案内いたします。

役立ったら「シェア」お願いします!「TOP」ニュースに戻る
RSS
EMAIL
FACEBOOK
GOOGLE
http://www.dmarketing.jp/news/2015%E5%B9%B411%E6%9C%8809%E6%97%A5%E3%81%AE10%E7%A7%92%E3%83%8D%E3%82%BF/
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

▼▼▼▼ 「関連のある記事」 ▼▼▼▼