不誠実な「モバイル リダイレクト」に対して制裁を下すとグーグルが警告。

グーグルが本日未明、不誠実な「モバイルのリダイレクト」をしている全てのウェブマスターに対し、二度目となる警告をしました。2014年4月に行った警告の時とは違い、何らかの制裁を手動にて下すと明らかにしました。

不誠実なモバイルのリダイレクト

グーグルのサーチ・クオリティチームの”ヴィンセント・クルソン (Vincent Courson)氏”と”バダ・サルミ・エル・イドリシ (Badr Salmi El Idrissi)氏”によると、「モバイルユーザーの利便性を図る為に行うリダイレクトは有益である」しかし、「モバイルユーザーを、異なるコンテンツのページにリダイレクトすることは、ユーザーの利便性を悪くするだけでなく、不誠実なリダイレクト行為は、グーグルのガイドラインに反する」と非難しました。

例えば、PCページ(www.example.com/url1)からモバイルページ(www.m.example.com/url1)へのリダイレクトは問題ありませんが、URLのパス名やドメイン名が大きく異なったりしている場合は、注意が必要になるかもしれません。今回の警告の背景を考えると、このような「不誠実なモバイルのリダイレクト」が増えてきていることが推測できます。したがって、リダイレクト先のURLが全く異なる外部サイトで、尚且つコンテンツの相違が大きいサイトが、今回チェックの対象になるのではないかと思います。しかし、手動にて制裁を下すこと明らかにしている事を考えると、人間によるチェック(判断)を行った後に、何らかのアクションを取るはずなので、日本語サイトへの影響は、まだ当分先になるかもしれません。

グーグルによると、意図的に行う「不誠実なリダイレクト」以外にも、ウェブマスターが知らないだけで「不誠実なモバイルのリダイレクト」は起きている可能性があると示唆しています。

  • [ ディスプレイ広告システム ]
    ・ ディスプレイ広告のスクリプトやエレメント内で、モバイルユーザーを不誠実にリダイレクトするようにコードが仕組まれている可能性。
  • [ サイトのハッキング ]
    ・ サイトのハッキングによる不誠実なモバイルのリダイレクト。

不誠実なモバイル リダイレクト対策

これらの不誠実なモバイルのリダイレクトが、知らず知らずのうちに行われていないか、グーグルでは以下のように対策することをお勧めしています。

  • スマートフォンにて、グーグル検索結果より、自社サイトをクリックしてみる。これを一週間で数回行う。
  • モバイルユーザーによるクレームやコメントを探す。
  • アナリティックスにて、モニタリングを行う。特にいつもとは違う変化に注意を払う。

グーグルは、「不誠実なリダイレクト」が、ウェブマスターによる意図的な実行か、そうでないかは関係なく、グーグル検索の対象から除外すると警告していますので、心当たりがある人は、今一度チェックしてみてください。ちなみに、検索エンジンからの除外対象とされた場合は、Search Consoleにメッセージを送ってくれるようなので、まだセットアップしていないウェブマスターは、ぜひこの機会にしてみてください。

役立ったら「シェア」お願いします!「TOP」ニュースに戻る
RSS
EMAIL
FACEBOOK
GOOGLE
http://www.dmarketing.jp/news/%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%88%e3%81%ab%e5%88%b6%e8%a3%81%ef%bc%9f%e5%86%8d%e8%ad%a6%e5%91%8a/
D編集者 | 2015年10月30日 | SEO
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

▼▼▼▼ 「関連のある記事」 ▼▼▼▼