北米インターネット帯域の70%はビデオ配信に占領されていると発表

カナダに本拠地を置くSandvineが、北米でのネット帯域の70%が、YouTubeやNetflixなどの動画配信によって使用されていることをレポート内で明らかにしました。

ブロードバンドサービスプロバイダー向けにインターネットユーザーの動向を調査しているSandvineは、ヨーロッパ及びアジア太平洋版に続いて、北米版の「Global Internet Phenomena Report」をリリースしました。そのレポートによると、インターネット回線の使用率が一番高いピークタイムである夕方に計測を行ったところ、北アメリカのインターネット帯域を、ビデオや映画のストリーミング配信が全体の7割以上を占めていたことが明らかになりました。

固定端末であるデスクトップやテレビなどからのアクセスによる北米ネット帯域の占領割合になります。注目して見ていただきたい項目は、真ん中の下り回線のデータになります。

【北アメリカ】固定端末からのアクセスで占領されるインターネット帯域の割合

北米の固定端末のインターネット帯域の割合01

北米では、実時間エンターテイメント(Real-time Entertaiment)が70.40%を占めていて、その中のNetflixとYouTubeだけをカウントすると、合計で54.9%にもなることが分かります。Netflixは映画のストリーミングサービスを提供している会社で、アメリカ国内で圧倒的なシェアを持っていますが、動画のストリーミング自体が、膨大なデータをダウンロードすることになる為、インターネット帯域を占領する割合が必然と大きくなります。ただ、こうしてグラフで見ると以下にストリーミングがインターネット帯域を使っているかが一目でわかります。

北米の固定端末のインターネット帯域の割合02

【北アメリカ】モバイル端末からのアクセスで占領されるインターネット帯域の割合

北米のモバイル端末のインターネット帯域の割合01

北米のモバイル端末のインターネット帯域の割合02

日本を含むアジア太平洋のインターネット帯域の使用割合

【アジア太平洋】固定端末からのアクセスで占領されるインターネット帯域の割合

アジア太平洋の固定端末のインターネット帯域の割合01

アジア太平洋の固定端末のインターネット帯域の割合02

【アジア太平洋】モバイル端末からのアクセスで占領されるインターネット帯域の割合

アジア太平洋のモバイル端末のインターネット帯域の割合01

アジア太平洋のモバイル端末のインターネット帯域の割合02

ヨーロッパのインターネット帯域の使用割合

【ヨーロッパ】固定端末からのアクセスで占領されるインターネット帯域の割合

ヨーロッパの固定端末のインターネット帯域の割合01

ヨーロッパの固定端末のインターネット帯域の割合02

【ヨーロッパ】モバイル端末からのアクセスで占領されるインターネット帯域の割合

ヨーロッパのモバイル端末のインターネット帯域の割合01

ヨーロッパのモバイル端末のインターネット帯域の割合02

トラフィックカテゴリーの説明

  • ストレージ

    FTP, Rapidshare, Mozy, zShare, Carbonite, Dropbox等の大きなデータ転送

  • ゲーム

    Nintendo Wii, Xbox Live, Playstation 2, Playstation 3, PC games等

  • マーケットプレイス

    Google Android Marketplace, Apple iTunes, Windows Update等の音楽、映画、アプリをダウンロード購入できる場所

  • ファイルシェアリング

    BitTorrent, eDonkey, Gnutella, Ares, Newsgroups等

  • コミュニケーション

    Skype, WhatsApp, iMessage, FaceTime等のeメール、チャット、インターネット電話を提供しているアプリやサービス

  • 実時間エンターテイメント

    Netflix, Hulu, YouTube, Spotify等の映画や動画をストリーミングしているサービス会社

  • ソーシャルネットワーク

    Facebook, Twitter, Linkedin, Instagram等

  • トンネリング

    Remote Desktop, VNC, PC Anywhere等のリモートアクセスや通信データを暗号化するSSL証明書

  • ストレージ

    FTP, Rapidshare, Mozy, zShare, Carbonite, Dropbox等

  • WEBブラウジング

    IE, Chorme, Yahoo等でのウェブ閲覧

北アメリカとアジア太平洋と比べると、北アメリカでは「実時間エンターテイメント」が一番多くインターネット帯域を占領(70.4%)していましたが、アジア太平洋では「ファイルシェアリング」が思いのほか高い割合で占領していたのは興味深い結果でした。やはり国柄と言うものが出ているのかもしれません。いずれにしても、実時間エンターテイメントのストリーミング配信サービスは、どのエリアでも一番高い割合(回線帯域の使用割合)だと分かりました。

役立ったら「シェア」お願いします!「TOP」ニュースに戻る
RSS
EMAIL
FACEBOOK
GOOGLE
http://www.dmarketing.jp/news/%E5%8C%97%E7%B1%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E5%B8%AF%E5%9F%9F%E3%81%AE70%EF%BC%85%E3%81%8C%E5%8B%95%E7%94%BB%E9%85%8D%E4%BF%A1/
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

▼▼▼▼ 「関連のある記事」 ▼▼▼▼