集客力を高めるSEOコンテンツ戦略

海外seo対策

ビジネスにとってのSEOという存在は、インターネットが普及し始めた2000年に入ってから、意義のあるマーケティング戦略として広く認知され始め、これまで多くの企業によって取入れられてきました。しかし、2011年に起きたグーグルによるSEOの変革によって、それまで有効とされてきたSEO対策の方法が大きく変わり、第一次SEO時代の幕が下されました。

第一次SEO時代とは?(1997年~2010年)

まだ検索エンジンのアルゴリズム(採点方法と計算式)が新しく、その完成度も低かったため、アルゴリズムの裏をかく行為「ブラックハットSEO」や道徳に反したスパム行為によって、検索キーワードとは関連性の無いWEBサイトの上位表示が容易に可能でした。代表的なスパム行為(正式名:検索エンジンスパム)には、被リンクの大量生成や隠しキーワードの乱用などがあり、当時はこれらの背徳行為が横行していました。しかし、2011年には、それまでのSEOに対しての考え方や対策方法が大きく変わるアルゴリズムのアップデートが実行されました。

変革を迎えた「SEO」と進化し続ける「アルゴリズム」

2011年に始まったSEO変革は、グーグル検索エンジンのアルゴリズム(計算式と採点方法)の大きなアップデート(変更)によって、それまで有効とされてきたブラックハットSEOやスパム行為が通用しなくなり、「SEO攻完全略法」、「外部リンク購入型SEO戦略」、「SEO成果報酬型の上位表示」を謳っていた多くのSEO業者がその姿を消していきました。このSEO市場に変革をもたらした代表的なグーグルのアルゴリズムのアップデートは、2011年2月24日に導入されたパンダアップデートと呼ばれる「低品質で情報量の少ないコンテンツで構成されているWEBサイトのランクイン順位を下げる」ものと、2012年4月25日に適用されたペンギンアップデートと呼ばれる「SEOを上げるためだけにブラックハットSEOをしているWEBサイトやそのWEBサイトから被リンクを得ているWEBサイトを除外する」の二種類で、その後も定期的にこれらの新しいバージョンが実施されています。

定期的に実行される「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」によって、どのWEBサイトにも大きな順位変動の可能性が常にありますが、これは同時に新しいWEBサイトにも上位表示のチャンスがあることを意味します。しかし、初期のパンダアップデートやペンギンアップデートのような全世界のSEO市場に大きな影響を与えたアルゴリズムのアップデートではなく、もう少し規模の小さいアップデートが続くと推定されています。但し、常にアルゴリズムの裏をかくスパム行為をするSEO集団がいるため、今後も大きな影響力を与えるアルゴリズムのアップデート実行の可能性は否定できません。

どんなSEO対策が効果的か?

WEBサイトの上位表示を達成させるためには、常に最新の海外SEO情報やSEOトレンドに耳を傾け、アルゴリズムのアップデートや新アルゴリズムの実施の度に、最適な対策を施す必要があります。当たり前のように思うかも知れませんが、SEO業界のイノベーションスピードは群を抜いてトップクラスにあり、「Google」や「Bing」のアルゴリズム更新ひとつで、世界規模にて多くのビジネスがその影響を受ける可能性が大いにあります。つまりは、有効なSEO対策方法が日々変化し、たった1つのSEO情報を知らないでいるだけで、オーガニック検索(自然検索)でのアクセス数が減り、会社全体の売上減少にもつながってしまいます。

それが故に、国内・海外SEO対策は最も難しいマーケティング戦法であると言っても過言ではありません。

第一次SEO時代で活躍した対策法

被リンクの外部SEO対策

代表的なSEO対策は、外部SEO対策と呼ばれる「評価の高いページからの被リンクを大量に獲得する」手法で、スタンフォード大学が考案した処理式を用いた「被リンクが多く集まっているページは、より信頼度と重要度が高い」と評価するアルゴリズムに対して行う対策法です。グーグルは、このスケール方法を「PageRank (ページランク)」と商標登録し、評価の高いページからのリンクを得ることで、リンク先のページ評価が上がることを公表しています。第一次SEO時代では、効果的なSEO手法の1つとして活用されていましたが、現在のグーグルでは、ランキングを操作することを意図した「リンク販売」や「リンクプログラムへの参加」を違反としているため、このようなルール違反行為が発覚した場合は、検索エンジンから除外されてしまう可能性があります。またページランクは、2013年12月の更新を最後に、一度も更新されていない(一般公開されていない)ため、現在のスコア(0~10)を知る事が出来ませんが、未だにページランクがアルゴリズムの一部であることは変わりありません。その為、ウェブマスターガイドラインに反さない被リンクの獲得は、今でも効果の高い外部SEO対策になります。

ランキングを下げるブラックハットSEO

過去に有効とされてきたコンテンツ量を増やす「自動生成ページ」、隠し文字やリンクの「キーワードスタッフィング」、アクセス数だけを増やす「誘導ページ」は、既にランキング要因ではなくなり、それどころかブラックハットSEOに当たるため、ペナルティ(ランキング順位を大きく下げられる)を課せられてしまうので注意が必要です。

海外seoには、seoコンテンツ戦略

三大ランキング要因のSEO対策

グーグルは、約200ものランキング要因をアルゴリズムに取入れていて、それらの詳細を公表はしていないため、「これとあれの対策をすれば、上位表示間違いなし」などと、断言することは出来ません。しかし、Dマーケティングでは、次のSEO対策に特に力を入れて取り組んでいます。それは、「SEO内部対策」、「キーワード最適化」、そして「コンテンツマーケティング」です。

海外にも強い「SEOコンテンツ戦略」

DマーケティングのSEO対策は、人の注目や関心を集める「価値あるコンテンツ」を作成・発信していく「コンテンツマーケティング」を取り入れています。 コンテンツマーケティングは、直接的なアプローチによる「売上」や「お問い合わせ」を増やすのではなく、より多くの潜在客や見込み客を集客することで、間接的に最終ゴールである「売上」や「お問い合わせ」に貢献するマーケティング手法の1つです。分かり易く例えると、魚釣りをするときに「釣る」という活動ではなく、「撒き餌」をばらまく活動を目的としたインバウンドマーケティングで、この手法を海外SEO・国内SEO対策に盛り込んでいきます。 このコンテンツマーケティングの要である「価値あるコンテンツ」に、最新のSEO対策を施すことで、ターゲットとしたキーワードによる検索結果上位ランクインを目指し、WEBサイトへの集客人数を増やします。 また同時に、基本ベースとなるWEBサイトにもSEO内部対策を施すことで、SEOの相乗効果を高めます。

Dマーケティングの「SEOコンテンツ戦略」とは

  •  ガイドラインに反さないSEO内部対策

  •  検索キーワードの選定と最適化

  •  質と量のバランスあるコンテンツマーケティング

SEO内部対策

スパム行為やガイドラインに反さないホワイトハットSEOによる上位表示を目指すSEO内部対策

キーワード最適化

キーワード及び関連ワードの洗出し、ボリューム検索、そしてマッピングを行いSEOワードを選定

コンテンツマーケティング

高品質でボリュームある情報や、ユーザーがシェアしたくなるような価値あるコンテンツの制作

「SEO対策」「キーワード最適化」「コンテンツマーケティング」のコンビネーションである「SEOコンテンツ戦略」を用いて、あなたのWEBサイトの集客力を高め、リスティングなどのPPC広告を極力減らして、常に「集客するサイト」へと導きます。

安心の「SEO返金保証」

Dマーケティングでは、初めてのクライアント様にも、ご安心して利用いただけるように、「SEO返金保証」を行っております。万が一、ターゲットキーワードである「メインワード」と「サブワード」の何れも11番目以降だった場合は、SEOに掛かった費用を全額で返金いたします。

国内・海外SEO対策の流れ

SEO対策のお申込み

「SEO診断フォーム」より、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。SEO担当者よりお電話又は、Eメールにてご連絡させていただきます。

SEO現状のヒアリング

WEBサイトの現状状況、活用目的、最終ゴール、WEBプロモーションなどを、お電話、メール、又は面談にてお伺いさせていただきます。

SEO御見積&契約

ヒアリング内容を基に、最終ゴールまでのSEOプランとお見積り書をご提示させていただき、ご注文を受け付けさせていただきます。

SEOサイト診断

ご契約後、SEOサイト診断にて、WEBサイトのトラフィックデータ、WEBプロモーションの状況、導線チェック、問題個所などを細かく診断いたします。

SEO診断結果&キーワード選定の打合わせ

SEO診断結果の報告をご報告させていただき、キーワード選定の打合わせをさせていただきます。その後、メインとサブメインの検索キーワードを決定します。

SEO内部対策とコンテンツマーケティング

SEO診断結果や打合わせした事項を基に、SEO内部対策を行います。そして、事前に設定した数量のSEO用コンテンツを制作し、アップデートしていきます。

月次Dレポート

トラフィック、コンテンツマーケティング、リスティング広告等のSEO関連のレポートを送付します。

海外SEO・国内SEO対策 - PRICES -

契約期間6ヵ月単位 月額料金:50,000円 ~
(キーワードの難易度やSEO目的に応じて金額が異なります)